リレーアタックとはWhat is Relay Attack?

スマートキー

皆さんの車の鍵は、鍵穴に差し込むタイプでしょうか。それともスマートキーと呼ばれる電子鍵タイプでしょうか。
後者のスマートキーは現在販売しているほとんどの車に導入されており、こちらを使用している方が多いのではないでしょうか。

従来の鍵と違って、鍵をポケットやカバンから出すことなく、ボタンを押すだけでドアを開けたりエンジンをかけたりできるスマートキーはとても便利ですよね。
盗難防止システムや防犯ブザーと連動しているものも多く、セキュリティ面でも優れていると言われています。
しかし近年、そんなスマートキー対応の車を狙った車両盗難の被害が問題になっています。

皆さんは「リレーアタック」という言葉をご存知でしょうか。
これは、スマートキーの原理を逆手に取った、スマートキー対応車を狙った盗難方法の名称です。

そもそも、なぜスマートキーは鍵を出すことなくエンジンを作動させられるか簡単に説明すると、スマートキーからは常に非常に微弱な電波が出ています。
この電波の届く範囲内に車があるとき、電子IDという電子的な鍵を照合し、一致していれば扉の開閉やエンジンの始動が出来る、という仕組みです。
電子IDが一致していないときに車を作動させようとしても動かないばかりか、防犯ブザーや通報が行われるというのが、スマートキーの盗難防止システムとなっています。

さて、ではこの「リレーアタック」の内容ですが、端的に言うとスマートキーの電波を、離れた車まで届かせることで、IDを一致させて車を動かしてしまう、という盗難方法です。

具体的には、犯人は2人以上で行動し、1人はスマートキーを持ったあなたの傍に近づき、鍵から出る微弱な電波をキャッチします。
更にその電波を特殊な機材を使用して増幅し、離れた所にいる仲間まで届かせる、これを繰り返すことで最終的に電波を車まで届けてしまうのが「リレーアタック」です。

この方法を用いると電子IDは正式なものなので、簡単に車を動かせるだけでなく、盗難防止システムも作動しないのが恐ろしい点です。

リレーアタックの手口

犯行の手口は以下の通りです。

犯人Aは車両オーナーに接近し、スマートキーから常時出ている微弱な電波を中継器でキャッチ。その電波を増幅します。

増幅した電波を犯人Bが受信します。

犯人Bはその状態でドアノブに触れば、ドアロック解除やエンジン始動が可能となり、あっという間に窃盗出来てしまう状況になります。

このようにスマートキーから出る微弱電波を狙うのが「リレーアタック」と呼ばれる犯罪方法です。

トップへ戻る